これは便利!Speed Wi-Fi NEXT WX01のクレードルセット

Speed Wi-Fi NEXT WX01


下り最大220Mbpsと言う圧倒的な通信速度を誇るヤ倍速対応のWiMAX機器が、UQ WiMAXで続々とラインナップされて来ています。
その中でも、安心の日本製WiMAX機器として発売されたのがSpeed Wi-Fi NEXT WX01です。



Speed Wi-Fi NEXT WX01の特徴としては、4×4MIMOと言う独自の技術を採用している点にあります。
その結果、ヤ倍速に対応しています。



Speed Wi-Fi NEXT WX01はヤ倍速に対応した事から、若干、バッテリーの持続時間が短い印象があります。
ですが、Speed Wi-Fi NEXT WX01はクレードルにも対応していますから、通電状態を維持したまま通信を行う事が出来ます。を参照)
つまり、バッテリーの持続時間を気にする事無く、好きなだけ通信を行う事が出来ます。



また、クレードルを使用する事で、LANケーブルを使って有線通信を行う事が出来るようになります。
Wi-Fiに非対応の古いPCやテレビを繋いだり、電波が混線してWi-Fiの通信状態が安定しないような場所でインターネットを行う際などに役立ちます。



LANケーブルで有線通信



クレードルは別売り扱いにはなるものの、UQ WiMAXのキャンペーンを利用すれば、破格の価格で購入する事が可能です。
詳しくは、UQ WiMAXのオフィシャルサイトにてお確かめ下さい。



WiMAXのオフィシャルサイトはこちら
UQ WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT WX01のWiMAX 2+通信機能

Speed Wi-Fi NEXT WX01のメインの通信回線はWiMAX 2+です。
この回線は、通信速度が速いと言う特徴を持っています。



通信速度の速いWiMAX 2+



Speed Wi-Fi NEXT WX01は4×4MIMOと言う独自の技術を採用していますから、WiMAX 2+の通信速度は、更に速くなっています。
従来のWiMAX機器のWiMAX 2+通信と比べると、2倍の通信速度を出す事が出来ます。



4×4MIMOとは、Speed Wi-Fi NEXT WX01に内蔵されている4本のアンテナを使用して、基地局と4回線同時通信を行う技術の事です。
その結果、通信速度の向上が見込めるのです。



WiMAX 2+は速い!



Speed Wi-Fi NEXT WX01には、ハイパフォーマンスモード省電力モードとがあります。
4×4MIMOは、ハイパフォーマンスモードを設定時に使用する事が出来ます。



一方、省電力モードを設定すると、通信速度は下り最大110Mbpsになります。
その代わりに、Speed Wi-Fi NEXT WX01のバッテリーの持続時間が長くなります。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のWi-FiやBluetooth、有線通信機能

Speed Wi-Fi NEXT WX01は、いくつかの通信機能を使用してPCと通信を行う事が出来ます。



同時通信する機器の数が8〜10台の場合は、Wi-Fiがお勧めです。
Speed Wi-Fi NEXT WX01は、IEEE802.11ac/5GHzと言う最新のWi-Fi規格に対応しています。
ですから、高速で安定的な通信を行う事が出来ます。



Wi-Fi通信



Speed Wi-Fi NEXT WX01のバッテリーを長持ちさせたい場合は、Bluetoothがお勧めです。
BluetoothはWi-Fiよりも省エネですから、電源を確保出来無い場所での使用に向いています。



外からインターネット



ただし、Bluetoothで同時通信出来る機器の数は、最大で7台までです。



他にも、Speed Wi-Fi NEXT WX01は有線通信に対応しています。
最初にご紹介した通り、クレードルにLANケーブルを繋いで有線通信を行う事が出来ます。
また、クレードルが無くても、USBの通信ケーブルを使用して有線通信を行う事も可能です。



このように、いくつかの通信方法がありますので、状況に合わせて使い分けるのも良いでしょう。
詳しくは、UQ WiMAXのオフィシャルサイトを御覧下さい。



UQ WiMAXのオフィシャルサイトはこちら
UQ WiMAX